脂肪細胞の仕組みについて

脂肪細胞という単語は、ダイエットについて調べる時によく出てくるものかもしれません。この細胞は脂肪の合成や分解、このほかに蓄積をする細胞で、この蓄積量が多くなってしまうと肥満につながるのです。これまでは、脂肪細胞の数が増加するのは子どものころまでで、それ以後は脂肪量が増しても脂肪細胞の数は多くならないと見なされていました。ですが、その限りではないことが、近年わかってきました。ある年齢を過ぎたとしても、脂肪細胞の数が増加することが判明していきています。胎児期、乳児期、思春期の時期が、褐色脂肪細胞が増加すると言われていました。今では、それ以外の年代でも脂肪細胞が多くなることがあると言われていますので、気をつけましょう。この細胞には種類があります。それは白色の物と褐色といわれる物です。白色の脂肪細胞には脂肪を維持する機能があり、食事などで得た余剰カロリーは中性脂肪になって脂肪細胞に送られます。一方、褐色の脂肪細胞はエネルギーをつくるために脂肪を燃やす機能があり、年をとると徐々に少なくなります。人間の体は、加齢と共に新陳代謝も低下していきますが、そのため、年をとると脂肪がつきやすくなります。肥満の可能性は、褐色脂肪細胞の数に関わりがあるとされています。
プログラミングスクール 無駄