知人会社にデザイン案を提出し、おこずかいに

私が結婚前まで勤務していた会社を通じて知り合った衣類関係の知人が経営している会社から、依頼が来た時には、簡単な打合せをして、自宅でデザインを起こして、提出。
採用されれば、デザイン料を貰って、それを、自分の化粧品や、衣料代金として活用する事にしています。
でも、最近は、デザインはパソコンで即座に起こす事ができますので、Тシャツ等のデザインは、ラフと、色彩や、文字の大きさの指定程度になりましたが、私にとっては、毎日、テレビを観ていても、買い物に出かけても、流行を把握する事が、極、当たり前の生活になっているので、年齢無関係で流行に敏感である事が、一つの生きがいになっているといえそうです。
単なる服のデザインと捉えずに、髪型の流行や、年代別のお化粧方法等も知った上で、デザインを考えて送付すると、その品が出来上った事への喜びは勿論ですが、その品の販売先や、価格設定等も知る事が出来るので、私自身の勉強にもなると思い、これからも、収入に関わらず、何かの仕事で、世の中との繋がりを持って、活きていけると幸いだと思っていますので、現在の小さな仕事以外にも、自宅で、私に出来る仕事を今後も模索し続けたいと思います。
近年は、高齢社会ですから、毎日の生活に目的を持って、時計を観ながら動くというリズム感があって、私のみならず、夫にも良い影響を与えてくれているように思いますので、高齢者の方々にも、ちょっとしたアルバイト的なお仕事はお薦めです。