皮脂が多くニキビが出来やすいことへの対策について

わたしが悩んでいたのは、皮脂が多くニキビが出来やすいことです。一方で市販の洗顔ではツッパリ感が強く、乾燥から油分がより過剰に分泌される、またニキビが出来るを繰り返していました。挙句ニキビ痕までできてしまい、将来シミの原因になるのではないかと危惧しています。
わたしが実践したスキンケア方法は、クレンジングを変えたことです。それまでのわたしは基礎化粧品を軽視し、ろくに泡立てないまま洗顔したり、肌タイプを意識せずクレンジングをしていました。混合肌に適切とされるミルクやゲルタイプのクレンジングを使うなどから始めました。
私がクレンジングを変えたことでどうなったかというと、洗顔後のつっぱりが無くなりました。以前の私には特に皮脂分泌の多い鼻周りの黒ずみや毛穴の目詰まりがありました。それらが目立たなくなったことが特に大きい成果です。毛穴についてスッピンの状態では開き切った状態になるのではと危惧しましたが、他にもマッサージングパックや拭き取り化粧水を他の基礎化粧の前に使用することで、顔全体のトーンアップにまで至りました。
基礎化粧品を見直すことをお勧めしたい人は、私同様に20代後半の女性です。この年代になると30代への肌の過渡期に入ります。放置してきた肌へのダメージが表面に出てくる時期になります。私自身もそれは分かっていたのですが、ある程度自分の中でのスキンケアが固定してしまって、なあなあに続けていました。下手に方法を変えても結局キリがない、と諦めず思い切って変えてみて欲しいです。
現代のネット社会ではあらゆる情報に溢れていて、私自身いざ自分に合った方法を探そうとしても「何が正しいのだろう。」と困惑する日々が続きました。目につく凡ゆる化粧品を試しては首を傾げてばかりでしたが、やはり大切なのは全ての基礎化粧のスタート地点であるクレンジングです。闇雲に高い化粧水などを盲信せず、何が自分の肌にとって優しいことなのか意識して下さい。
【PR】
兵庫県三田市でバイクの廃車処分するときこの専門ページはとても参考になります。