ドッキリはとても大変なのだ

同級生にいじめられて誰にも相談できずたった一人で立ち向かっている俺は自然に口を開いていた。
ATM という奴がいるんだけどそいつらを狙ってやるつもりなんだ初対面の人間に対して発する言葉ではなかったが俺はその前の経緯などもなぜかと同等と話していた父親と彼女は言ったあなた頭が悪そうねえ俺は拍子抜けしてしまったドッキリ道場や同調してくれると思っていたからだでも確かに俺は成績も良くないし話のまとまりもなかったように思うから否定もできなかった。
協力してあげようかだから彼女がそう提案してきた時俺はまたひどく驚いた俺は半ばこの子と仲良くなりたいと思っていた顔もタイプだし口が悪いところもあるけれど共通の話題を持ちたくて俺は頷いていた