スナップエンドウ三昧の日々にバンザイ

今朝、いつものように我が家のスナップエンドウを収穫しようとしたら、そこには悲しき風景が待ち受けていました。霜にやられて、これまでのスベスベの翡翠グリーンのお肌に、人間で言うなればあかぎれやしもやけが出来た状態となっていました。主人は天気予報を信じて、スナップエンドウにストーブを焚かずに一晩過ごさせたことが原因だと、暫く一人悔やんでおりました。でも、暫くして、霜に当たったスナップエンドウは見た目が悪くても、甘さが増して美味しいとの情報を入手して、大分気分を取り戻した様子、私もホッとしました。とりあえずは、余程哀れな様相の物は除いて、軽い霜傷害のスナップエンドウは、野菜直売所で「訳アリ品」としてお安めの価格で提供しようという事になりました。我が家の収入もその分減少となるのは残念です。せめて、購入してくださるお客様が、綺麗なスナップエンドウよりも美味しいと得した気分も沢山味わって頂ければ幸いに思います。さて、スナップエンドウと言えば、私はサッと茹でて軽く塩を振って食べるのが大好きです。スナップエンドウの収穫は毎回結構な労力、収穫後自分たちで手詰めしなくてはいけないからです。それでも収穫側の特権として、半端ものは自宅へ持ち帰り思う存分食べることができるので、それを思えば収穫作業も苦ではなくなります。今日も一杯、明日も一杯、そして明後日もし明後日も、まだまだ大好きなスナップエンドウを思う存分楽しめる日々が続くと思うと嬉しいです。